恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修

恋愛・結婚へ向かうための考え方やコミュニケーションの持ち方などについていろいろな角度から情報を発信!!

人を好きになったら「言葉」で伝えないと気持ちは伝わらないのか、誠意ややさしさを示せば気持ちは伝わるのか?

f:id:osuna3:20160725192143j:plain

 

先日、サッカーの長友佑都選手がおつきあいしている女優の平愛梨さんについて「真剣におつき合いしています。自分自身にとって大切な人、『アモーレ』ですね」と言ったことが大きなニュースになりました。

 

「アモーレ」とはイタリア後で「愛する人」。“おお、日本の男性もここまでおおっぴらに愛情表現をするようになったのか!”と感心したのですか、よくよく考えてみれば長友さんはイタリアのチームセリエAでプレーをし、イタリア生活が長い方。もはや半分はイタリア人気質なのかもしれません。


イタリア男性は、好みの女性を目の前にすると口説かずにはいられない。好みじゃなくても女性には美辞麗句を並べたてますよね。


薄暗いバーのカウンターで、楽しそうに話していたカップルの話題が途切れると、男性が女性の手をとり、“チュッ”とするのはイタリアでは日常の光景。バーに限らず、太陽が燦々と降り注ぐビーチや街のカフェでもハグしたりキスしたりするカップルは普通に存在しています。

日本でも若いカップルの中にはたま〜に路チュー電チュー(路上のチューと電車でのチューですね)している方たちがいますが、一般的には男性も女性も気持ちを態度や言葉で表現するのがとても苦手です。

そこで今週のお題です。人を好きになったら「言葉」で伝えないと気持ちは伝わらないのか、誠意ややさしさを示せば気持ちは伝わるのか? 

 

 【もくじ】

 

 

そもそも愛の言葉を口にするのって、勇気がいります

 

あなたは、好きになった人に愛の告白ができるほうですか? 告白するって、勇気が入りますよね。相手の反応が気になると二の足を踏んでしまいます。

 

イタリア人の男性は「おはようございます」と挨拶をするのと同じくらいの気軽な気持ちで「愛しているよ」「僕のアモーレ」と言っている気がするのです。女性側も言われ慣れているので拒否するような過剰反応はせずに、たいして好きではない男性に言われても軽〜く受け流しているのではないでしょうか?

 

なぜ日本人には、その気質がないのか。それは長い歴史の中で、日本が恋愛の盛んな国ではなかったからだと思います。下の表をご覧ください。

 

f:id:osuna3:20160725192518p:plain

 恋愛結婚と見合い結婚の歴史的転換


 過去7回の調査結果からは、戦後60年の間に結婚のしかたが大きく転換したことがうかがえる。戦前に約7割を占めていた見合い結婚は一貫して減少を続け、1960年代末に恋愛結婚と比率が逆転した後、90年代半ば以降は1割を下回っている。


(出展:国立社会保障・人口問題研究所)

 

 上記のグラフからもわかるように、戦前は約7割を「お見合い結婚」が占めていたのです。しかも当時の「お見合い」は今のお見合いとは違います。今のお見合いは、出会いの手段なので、10人、20人、多い人は100人とお見合いする時代です。出会って好きになって、そこから結婚へと進んでいきます。お見合いでもそこで気持ちが通い合い、恋愛があっての結婚なのです。

 

ところが戦前のお見合いは親同士が写真を交換すれば、それで結婚が成立。戦時中は、写真を交換して婚姻したものの、夫が戦争に出かけ一度も顔を合わせることなく戦死してしまったという夫婦もいたくらいです。

 

つまり恋愛をせず、愛情表現なんて面倒なことをしなくても結婚できる歴史が日本にはあった。また昭和初期の男性は、仕事を終えて家に帰ってくると「風呂」「飯」「寝る」の三語で夫婦の会話が成り立っていたとも言いわれています。

 

そんな歴史のある民族に、「僕のアモーレ」と女性にバラの花を贈れといってもしょせん無理な話なのかもしれません。

 

f:id:osuna3:20160725192741j:plain

 

「草食男子と言うけれど、それはシャイな日本人男性の気質が時代とともに変化しただけでは?

 

ところが1980年代後半から90年代初頭のいわゆるバブル期には、日本の男女が一気に肉食化します。


女性はボディコン、ワンレンで街中やディスコに繰り出し、男性はそうした女性を目当てにナンパを繰り返す。女性にタクシーのように使われる男性はアッシー、ご飯だけおごらされる男性はメッシー、そんな男に成り下がらず、いかに女性を口説き落としてHまで持ちこむのか、男性たちは血眼になって女性獲得の方法を考えて努力をしました。

 

また女性はいかにスペックの高い男性に口説かれるか、ボディラインをあらわにし、スカート丈を短くして“いい女”をアピールしました。

 

男も女も恋愛に狂喜乱舞していた時代があったのです。

 

先日、“バブル時代が青春だった”という男性が、こんなことを言っていました。

 

「俺らの時代は、土下座してまで“やらせてください”ってお願いしたものなのに、恋愛とかHに興味がないっていう今の草食なヤツらの気持ちがわからない」

 

お金が潤沢にあると、人間はエネルギッシュになれるのかもしれません。

 

バブルがはじけ時代に元気がなくなると、男性たちも恋愛への戦意を失っていきます。女性を口説くにはお金がかかりますからね。お金がないのなら、口八丁手八丁、行動力と言葉で女性をその気にさせないといけないのですが、そもそも日本人男性の気質がシャイなのです。

 

シャイでも昭和初期男性たちは、よかったんです。女性を口説かなくても、「お見合い」というシステムによって何の苦労もなく自動的に「妻」という女性が与えられた。そこで男性としての性の欲求も満たし、結果それで子どもができて家族という形を作った。

 

それが今の時代は、自分でがんばらないと恋愛できないし、アプローチしないと女性が獲得できない。

 

昭和初期の堅物男子の進化版が平成の草食男子なのかもしれません。

 

だって、女性を獲得するのってエンルギーを使いますもん。勇気が入りますもん。コクればフラれることもあるわけで、そしたら恥をかくしプライドも傷つく。だったらそんな面倒なことしなくてもいいじゃん、と恋愛という土俵に乗らない男子が増えいった。「そしたら俺ら、みんなから草食男子とか言われちゃってさ〜。俺ら、昭和初期の親父たちと根っこは一緒なのよ〜」と、草食くんたちは思っているかもしれません(というのが、私の勝手な見解です)。

 

f:id:osuna3:20160725193051p:plain

 

気持ちをコクるのが苦手な日本人男子の強い味方がメール

 

しかし、です。バブルがハジけた90年代半ばくらいから普及した携帯電話によって、面と向かって言葉で伝えなくても文字で伝えるコミュニケーションが生まれました。メールです。手紙と違うのは、いつでもどこでも要件や気持ちを伝えられる手軽さと便利さ。今や文字のほかにもスタンプでその時の気持ちを伝えらえるようになりました。

 

なかなか気持ちを言葉にできなかったシャイ男子たちにとっては、気持ちを伝える勇気のハードルが一気に下がりましたね。

  

話を戻します。人を好きになったら「言葉」で伝えないと気持ちは伝わらないのか、誠意ややさしさを示せば、気持ちは伝わるのか?

 

私は、基本的に人を好きになったら「言葉」でちゃんと伝えないと、気持ちは伝わらないと思っている派です。

 

どんなにやさしくされても、それは友達として優しくされているのか“アモーレ”としてやさしくされているのか、わかりませんから。「この人、私にやさしいけど、女性にはみんなにやさしいのかしら」と思うこともあるし、やさしさとか誠意は数値で計測できないので、「好きです」とか「愛してます」とかいう言葉はやっぱり言うべきだと思うのです。

 

会って直接言葉で伝えるのが一番ですが、メールやLINEでもちゃんと言葉にすべきだと思っていました。


そうしたら、こんな記事を発見しました。


心理学者が警告!LINEでは「愛は7パーセントしか伝わらない」と判明

 

な、なんですとぉ〜!

 

記事によりますと、愛を伝えるには“言葉よりも態度が重要”なんだそうです。

 

  ■相手に影響を与える割合は、言葉はたった7パーセント
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の名誉教授にアルバート・メラビアという人がいます。メラビアンは、言葉と外見が伝える情報は、どちらがより人影響を与えるかという研究で有名な心理学者です。
そのメラビアンの研究から、一般的に“メラビアンの法則”とよばれるルールが存在します。
それは、外見や態度などの視覚情報が55パーセント、声の大きさや抑場などの聴覚情報が38パーセント、話の内容の言語情報が7パーセントの割合で、人に影響を与えるというものです。
つまり、人は話している内容についてはほとんど影響を受けず、外見や話し方、態度などの情報に大きく左右されるということを意味しています。
彼がポテチを食べながらテレビを見ているときに、ピコリーンとあなたが「愛してるよッ」とLINEでメッセージを送っても、その文字情報だけでは、気持ちは7パーセントくらいしか伝わっていないかもしれません。

 

(出展:Menjoy http://www.men-joy.jp/archives/121481

 

なるほど。

 

これって、夫婦ゲンカとかした時にヒステリックにわめき散らしている妻に対して、ケンカをしていることすら面倒になった夫が、「ハイハイハイ、俺が悪ぅございました〜っ!」と言って、妻の怒りをさらに増幅させてしまうのと似ていますね。言葉ではなく、人は態度や声色などの視覚情報と聴覚情報でその意味を理解しているのですね(^ ^)

 

気持ちを伝えるには、言葉だけでなくその時に表情や態度も示さないと気持ちは伝わらないというのは至極納得できました。

  

まとめ

 

言葉と一緒に表情や態度で示すことを専門用語で「ダブル・バインド・コミュニケーション」というのだそうです。

 

つまり、人を好きになったら「言葉」で伝えないと気持ちは伝わらないのか、誠意ややさしさを示せは、気持ちは伝わるのか? というのは、両方することで気持ちはさらに通じるというわけです。

 

さて、あなたはどっち派? ではなく、好きなお相手がいる方は、両方を組み合わせることが、いちばん気持ちを伝える方法のようですよ。

 

  

このブログのスタンス

あなたはどっち派?というかたちの記事や時事ネタ、経験ネタを書いていきます。その記事に対しお寄せいただけるご意見などあるかもしません。ただ考え方、価値観などは違っていて当然ですので、事の善し悪しを決めるのではなく、違う考え方や価値観があることを共有できるブログに成長していきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。(管理人)

 

【関連記事】カテゴリー:あなたはどっち派?

 

aikatsuhouse.hatenablog.com

 

aikatsuhouse.hatenablog.com

 

aikatsuhouse.hatenablog.com