恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修

恋愛・結婚へ向かうための考え方やコミュニケーションの持ち方などについていろいろな角度から情報を発信!!

結婚したら指輪がしたいですか?

『恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修』ブログの管理人osuna3です。 最近ブログがなかなか書けずすみません。今日も管理人が昔から思っている、結婚指輪についてです。 そして、お知らせです。起業や副業を考えている方、または興味のある女性を対象に、す…

草食男子が、直ちに彼女を作り結婚できる、5つの方法

草食男子という言葉が生まれたのは10年位前のこと。 恋愛に興味が薄く、彼女がいなくても楽しく生活ができる。 女の子とデートするよりもファッションが好きだったり、ゲームおたくだったり、自分の趣味に没頭している。そんな草食男子は年々増え続けてい…

好きな男性を前にすると緊張してしまい、自分がだせません

管理人より お知らせです。起業や副業を考えている方、または興味のある女性を対象に、すでに起業されている女性起業家が出展する『女性のための文化祭』が開催されます。 www.saitankekkon.jp さて今日のお題は、気になる異性の前だととても緊張してしまい…

見た目美人がモテるのか? マインド美人がモテるのか? あたなはどう思う?

そりゃあ、美人はモテるよね。男性はみんな美人好き。だけど、「あの子、見た目普通なのに、いつも彼氏がいるし、男子からも女子からも人気あるよね」という女性っていますよね。 芸能界を見てみても、容姿が完璧な美人女優はアラフォーでも独身の人が多いの…

通い婚なんていかがですか?

画像出典:http://www.heianjidai.com/ 『恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修』ブログの管理人osuna3です。 若いときからずっーと思っていることなのですが、どうして夫婦は一緒に暮らさなければならないのでしょうか? 【もくじ】 平安時代は通い婚だったっ…

好きな彼女がいて、結婚を意識しはじめているのですが、結婚に踏み込めずにいます

管理人より 今日のお題は、お付き合いしている二人が、どういうタイミングで、何をきっかけに結婚へと向かうのかです。 【もくじ】 往路編(1) 6年交際しています 往路編(2) 今でもラブラブです 往路編(3) 結婚は意識しているのですが、結婚ってどういうタイ…

草食系の男性は結婚したいのか? いや、結婚は面倒で気ままな独身生活を謳歌したいのか

日本男子の草食化が止まらないのだそうです。 先日飲み会であった、30歳男性と話した時もそれを感じました。 「これまで女性経験がない」という彼ですが、「女性とおつきあいはしたことはある」と言うんですね。 それがどういうおつきあいだったかと言うと…

お見合い後、お2人の方から正式なお付き合いの申込みをいただきました。どちらの方と真剣交際したらよいかと迷っています

管理人より 今日のお題は、お見合いあるあるです。通常は、複数のお相手と同時期にお見合いして、そのお相手のなかで良い縁の方と真剣交際し、縁が結ばれれば成婚となります。不謹慎な言い方ですが仲人公認で堂々と二股ができるシステムといえます。。 【も…

相手の気持ちをとらえるならメールの活用は有効か。メー ルで関係を築こうとするのはマイナスか?

今やコミュニケーションを取るツールとしてかかせないのがメール。メールって便利なんだけれど、文字のコミュニケーションなので気持ちがうまく伝わらないことがありますよね。 たとえば、何かお願いごとをした時に、「ダメです」と一行で返ってくると、相手…

人はなぜ結婚するのでしょうか?

『恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修』ブログの管理人osuna3です。 今週は、芸能界で離婚・不倫などの話題がいくつかありました。結婚するということは、どういうことなのか。結婚の捉え方は十人十色で、いろんなかたちがあるものなのかと思う、管理人です…

未婚者に問います。結婚したいですか? 結婚はしたくないですか?

国立社会保障・人口問題研究所のデータによると『独身の9割弱は“いい人がいたら結婚したい”と思っている』そうです。そんなに多いの? びっくりしませんか? 結婚したいと思っているのに、結婚率は上がりませんね。 なんとアラフォー男性の結婚率は2%、ア…

恋愛も結婚もしたいのですが、異性に興味がもてません

管理人より 今日は水曜日に掲載できなかった今週の「往復書簡」を掲載します。今日のお題は、異性を好きになるとはどういうことか?です。 【もくじ】 往路編(1) 別に同性が好きなわけではないと思います 往路編(2) 僕ってシスコンなんですか? 往路編(3) 僕…

IMAGINE ~ 想像してみて

画像出典:http://www.toshimaen.co.jp/ 『恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修』ブログの管理人osuna3です。 今週は、本日に管理人の戯言、土曜日(金曜日)に往復書簡の記事をお届けします。 【もくじ】 ジョンレノンの名曲『IMAGINE』を聞いたことがあるでし…

お相手との距離を縮める手段としてボディタッチは積極的に取り入れたほうがいいのか。使わないほうがいいのか

さて、今週は「ボディタッチ」についてです(^ ^)。 男女間において、「さりげなくボディタッチをすることがお相手との距離を縮めるのに有効である」と思われています。 「ナイナイのお見合い大作戦」などでも、女性が会話をしながら「やだ〜っ」と男性の肩を…

婚活アプリって、結婚したい人が登録するものではないのですか?

管理人より 今日は水曜日に掲載できなかった今週の「往復書簡」を掲載します。そのため「管理人の戯言」をお休みします。今日のお題は、婚活アプリで出会う人と結婚できるのか、です。 【もくじ】 往路編(1) 婚活アプリで出会った人と結婚できるものですか? …

努力をすれば必ず好きな人の気持ちは手に入るのか。人の気持ちは努力では手に入らないのか?

今週のお題ですが、私は「努力しても人の気持ちは手に入らない」と思っています。ことに、恋愛においては! 一途に人を愛することは、純粋でまっすぐでとても美しく素晴らしいことのように思われがちです。恋愛ドラマでは、一途に思い続けた気持ちが相手に伝…

シングルマザーと結婚することのハードルに悩んでいます

管理人より 今日のお題は、初婚の男性が子持ちの女性と結婚するハードルをどう乗り越えるかです。 【もくじ】 往路編(1) ようやく巡り合えた女性がシングルマザーでし 往路編(2) マザコンといわれそうですが、そうはいっても家族の意見を無視できません 往路…

ラブホスタッフの上野さんのTwitterやブログを知りました

画像出典:https://pbs.twimg.com/media/CqeNvGdUAAAmrI8.jpg 『恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修』ブログの管理人osuna3です。 昨日Facebookで広告を見つけ、夜中にはまってしまった、ラブホスタッフの上野さんのツィートやブログ。まだ20代の方が書いて…

『婚活』を『結婚』へと結びつけるには、数多く出会うことが大事なのか。ひとつひとつの出会いを大切にすることが大事なのか

『婚活』という言葉が新流行語対象になったのは、2009年のことです。語源は「結婚活動」。結婚しない男女が増え、晩婚化が進み、「今の時代は、結婚の活動を積極的にしなければ結婚はできない」そんな時代背景が、生んだ言葉です。生みの親は、山田昌弘…

「普通」という言葉をわりと私たちは安易に使ってしまいがちではありませんか?

『恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修』ブログの管理人osuna3です。 前回のブログは、「常識」や「当たり前」について書きました。今日は「普通」という言葉についてです。 【もくじ】 「普通は結婚したら夫の籍に入るでしょ」 結婚する女性に対して男性が…

マメな男性をどうやって受け入れればよいでしょうか?

管理人より 今日のお題は、「マメ」な男性の態度を嬉しいと感じるかどうかです。 【もくじ】 往路編(1) ありがたいと思う反面、ウザいと感じることがあります 往路編(2) 最近マメさがエスカレートしてきている気がします 往路編(3) 彼のマメさについていける…

夏の出会いは、「ひと夏の恋で終わる」のか「夏の恋は実り、結婚に結びつく」のか

春夏秋冬の季節の中でも、一番恋が始まりやすい季節が夏だと言われています。でも『ひと夏の恋』という言葉があるように、“夏始まった恋は、季節が変われば終わってしまう”。そんなふうにも言われています。 これを読んでいるみなさんは、夏に素敵な出会いは…

家族や友人とケンカしたことの反省みたいなこと まとめ

『恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修』ブログの管理人osuna3です。 前回のブログは、書いている途中で内容が破たんし、まとまりがなくなりました。改めて、このテーマについて書きたいと思います。 【もくじ】 前回のあらすじ(笑) 売り言葉に買い言葉的な…

昔の彼のような人に出会いたいと思うのも”夢見る夢子ちゃん”ですか?

管理人より今日のお題は、「昔の男を引きずって結婚する?」それとも「昔の男を忘れて結婚する?」です。 【もくじ】 往路編(1) 昔の彼氏が忘れられません 往路編(2) 2つしか違わないのにとても大人に見えました 往路編(3) 彼よりカッコいい人と恋愛しても、お…

結婚を言い出さない彼とつきあっている場合、いつかは結婚できるのか? 永遠に結婚できないのか?

私のところに結婚相談でやってくる女性たちの中で多いのが、「結婚を言い出さない彼氏ともう何年もつきあっている」というケースです。 彼女たちは、「彼と結婚できる保証はないので、内緒で婚活を始めたい」と決まって言います。 中には、同棲中の人もいま…

家族や友人とケンカしたことの反省みたいなこと

『恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修』ブログの管理人osuna3です。金曜日は戯言。時事ネタや管理人が思うことなど書いています。【お詫び】今週水曜日の「往復書簡」記事は都合によりお休みしました。次回は8月10日を予定しています。 【目次】 当たり前は…

結婚するなら「自分と結婚してくれる相手」を探すのか? 「自分が結婚したい相手」を探すのか?

国立社会保障・人口問題研究所によると、独身男女の9割弱が「いい人がいたら結婚したい」と思っているそうなんですね。でも普通に生活していると、なかなか出会いもない。 そこで、みなさん婚活を始めるわけです。婚活には、合コン、婚活パーティ、婚活アプ…

誤解の効能

『恋活・婚活の迷走事情/鎌田れい監修』ブログの管理人osuna3です。 金曜日は戯言。時事ネタや管理人が思うことなど書いています。最近ようやくはてぶの使い方がわかってきました。いままでの記事、見にくい部分があったと思います(汗) 【もくじ】 勘違い、…

“年上キラーオトコ”と呼ばれて

管理人より今日のお題は、つきあうなら、結婚するなら、「年上?」「年下?」です。 【もくじ】 往路編(1) お姉さんたちとツルむのがラクです 往路編(2) 職場公認のカノジョが年上です 往路編(3) 別の部署のやり手(♀)が気になってます 復路編(1) 年上キラー男…

人を好きになったら「言葉」で伝えないと気持ちは伝わらないのか、誠意ややさしさを示せば気持ちは伝わるのか?

先日、サッカーの長友佑都選手がおつきあいしている女優の平愛梨さんについて「真剣におつき合いしています。自分自身にとって大切な人、『アモーレ』ですね」と言ったことが大きなニュースになりました。 「アモーレ」とはイタリア後で「愛する人」。“おお…